JR五位堂駅から徒歩8分

脳神経外科|かまだ医院 香芝市 五位堂|頭痛 めまい しびれ 脳震盪 頭部外傷 もの忘れ など

0745-77-1118

脳神経外科

脳神経外科について

主に前院長(鎌田喜太郎医師)が担当し以下のような症状を主にした脳神経系の診療のほか、50余年間に培ってきた医療経験を活かし、脳卒中の発症予防・再発予防を目指した高血圧・脂質異常症・糖尿病など生活習慣病の診療も併せて行っています。

頭痛

一次性頭痛

原因のはっきりしない慢性頭痛。筋緊張性頭痛、片頭痛、群発性頭痛など

二次性頭痛

原因のはっきりできる頭痛。脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍、髄膜炎、外傷性頭蓋内出血など

以下の症状の時は特に注意して病院を受診しましょう

  • 突然・今まで経験したことの無い・激しい頭痛(クモ膜下出血)
  • 頻度と痛みの程度が増していく頭痛(外傷性頭蓋内出血・脳膿瘍など)
  • 神経症状(しびれや麻痺、けいれんなど)を伴う頭痛(脳腫瘍・脳内出血など)
  • 癌などの病気をもつ患者様の頭痛(転移性脳腫瘍など)
  • 発熱や首のこわばり、吐き気・嘔吐などを伴う頭痛(髄膜炎・脳膿瘍など)

めまい

「めまい」の原因が耳からくるものであれば、命に関わることはまずありませんが、脳からくる「めまい」は命に関わる危険性もありますのでめまいの症状が気になる方、「めまい」の原因がよく判らなくて心配な方は、一度当院をご受診ください。

手足の「しびれ」・麻痺(=動かない)

以下の場合、重大な脳脊髄の病気が隠れていることが多いので直ぐに受診しましょう。

重大な脳脊髄の病気が隠れていることが多い場合

  • 短時間で回復する「しびれ」に要注意(一過性脳虚血発作)・・治ったからと安心しないように!!
  • 突然「しびれ」が起こり、だんだん強くなる(脳梗塞)
  • 突然発症し、頭痛を伴うことが多い(脳内出血)
  • 長引く頭重感・頭痛・吐き気を伴うことが多い。物が2重に見える、呂律が回らないなど発生場所によって異なる症状がでる。(脳腫瘍)
  • 麻痺を伴わないジンジンとした手足のみの「しびれ」(脊椎・脊髄疾患)

頭を強く打った時(頭部外傷)

以下のようなときは注意が必要です。病院に受診しましょう

注意が必要な症状

  • 強く頭を打って意識を失ったとき(脳震盪症)
  • 受傷直後は意識がしっかりしていても、その後嘔吐・頭痛・気が薄れる場合(頭蓋内出血)
  • 受傷後嘔吐・頭痛が続くとき(脳浮腫・頭蓋内出血)
  • 乳幼児が平素の元気なくグッタリしているとき(脳浮腫・頭蓋内出血)
  • 受傷後に「けいれん」を起こしたとき(脳に傷の可能性)
  • 高齢者が強く頭を打った後10日から1か月後に頭重感や手足のまひが起こる(慢性硬膜下血腫)

もの忘れ

年をとると、誰でも「物忘れ」が増えていきます。もの忘れには、以下のように分けられます。

  • 1)加齢によるもの(良性健忘)
  • 2)軽度認知障害(MCI、健常と認知症の中間段階)
  • 3)認知症の初期段階の場合。

「もの忘れ」の中には検査の結果手術によって治るものもあります。一度診察を受けましょう。

このような症状は、ご相談ください

  • もの人の名前が思い出せなくなった
  • しまい忘れや置き忘れが多くなった
  • 何をする意欲も無くなってきた
  • 物事を判断したり理解したりする能力が衰えてきた
  • 財布やクレジットカードなど、大切なものをよく失くすようになった など
0745-77-1118

ページ
TOPへ